脇役じゃないぞ!着物の帯通販サイトの人気ランキング

トップ > 着物情報 > 着物選びで失敗しない為に重要になる帯の選び方

着物選びで失敗しない為に重要になる帯の選び方

 着物には色んな種類があります。何となく購入をする時って、セットになっているものを選んでしまいますので、帯とか付属されているものを使っている人って多いですよね。
 ですが、着物と同様で帯にも色んな種類があります。少し慣れてきたら、着物も帯も自分のセンスで選んでしまいましょう。
 では、失敗しない為に重要になる帯の選び方とは一体何なのでしょうか。まず、帯には大きく分けて3種類あるという事を覚えておきましょう。
 帯袋は最も格の高い帯になり、フォーマルでもカジュアルでも使用する事が出来ます。金銀の糸が織り込まれたものは、礼装や正装に適していると言われています。
 次は名古屋帯です。名古屋帯は先端が半幅になっているので、結びやすいというメリットがあります。セミフォーマルからカジュアルまで使用する事が出来ます。
 次は半幅帯です。これは、扱いやすく手軽に使用する事が出来るのがメリットではありますが、カジュアルでの使用がおすすめです。


 帯には柄にも種類があります。まず、全通柄は手先から垂れ先まで帯全体に柄の出ている帯の事を言います。
 柄が上下左右関係無いものになりますので、非常に扱いやすいというメリットがあります。ですが、柄の向きが揃っている場合には、帯を締める前にきちんと確認をするようにしましょう。 
 次は六通柄です。これは、帯の垂れ先から全体の六割に柄付けされているものになります。
全体の六割しか柄が入っていない為に、締める際にはちゃんと柄が前に来るように調整をしなくてはいけません。
 そして最後はお太鼓柄です。これは、飛び柄ともよばれています。締める際に、着物を着ている人の体型によって、前に持ってきたいポイントの柄が上手に出ない事がありますので、初心者の人にはあまりおすすめ出来ません。
 着付けに慣れている人向けの柄だと言えるでしょう。


 初心者の人におすすめの帯は、名古屋帯で全通柄になります。全通柄であれば、着付けをする際に何処に何を持って行けばよいのかというのを考える必要がありませんので、着付けも簡単に行う事が出来ます。
 また、名古屋帯は半幅帯になっているので着付けも非常に簡単です。慣れてきたら大きな柄を前に持って来るようなお太鼓柄を挑戦してみても良いでしょう。
 着物を選ぶ際に、どんな帯が良いのか迷った際には、店員さんに相談をしてみても良いでしょう。
 お店に行くと色んな種類の帯がありますので、迷う事間違いありません。だからこそ、失敗しない為にも、色んな人のアドバイスを聞く事が大切になりますよ。

カテゴリー

PAGE TOP