脇役じゃないぞ!着物の帯通販サイトの人気ランキング

トップ > 着物情報 > 着物の種類や特徴と用途

着物の種類や特徴と用途

 日本では洋服と和服というファッションの選び方があり、とくに和服である着物は美しく、世界的にも人気があり、知名度の高い民族衣装になっています。
 昔は日本でも着物しかなく、誰もが着ていましたが、その後洋服なども入ってきて、着られるようになると、和服である着物はレベルの高い正装として定着しました。
 もともと日本人に合っている衣装なので違和感なく、今でも着ることができる正装としても価値のあるファッションになっています。
 とくに女性は美しさも映えるので正装の必要な場面では、着物があるということが非常に有利に働きます。
 海外旅行などでも正装の必要な場面がありますが、着物を持っていくと、海外でも非常に人気があるので、注目され喜ばれます。


 正式な場面で自分の姿を活かすという意味でも、着物の種類や特徴を理解して、それぞれの場面で活用すると、ますます美しく自分をアピールすることができます。
 とくに振袖などは、まるで芸術作品のような美しさがあります。着物には用途があり、その基本だけでも理解していると、選ぶ時にも間違いをしなくてすみます。
 女性用の正装の着物としては、欧米のイブニングドレスに相当するものが、黒留袖です。黒を基調にした既婚者用の正装ですが、非常に落ち着いていて、美しい芸術品でもあります。
 特徴としては黒を基調に五つ紋と絵羽模様があり、洗練された着物のひとつです。また、黒以外の色留袖もあります。
 黒が利用できない時など、色留袖があると正装としても注目されます。五つ紋だけではなく三つ紋や一つ紋の場合もあります。


未婚の女性には、有名な振袖があります。成人式や卒業式などで、よく見ますが、若い女性の華やかさを引き立たせる芸術品で、世界的にも女性が一度は着てみたいという感想をよく聞きます。正式には五つ紋をつけますが、最近はほとんどつけません。特徴としては、大振袖、中振袖、小振袖があり、結婚式の花嫁は大振袖です。一般的には中振袖が着られています。未婚既婚の区別をしなくてすむ着物としては、訪問着があります。特徴としては帯の上にも下にも文様があり、あらゆる場面で着ても失礼にならないので、とても便利な着物になります。その他正装では付け下げや黒の喪服などもあります。正装ではなく普段着もあり、たとえば小紋、紬などがありますが、正装ではないので、結婚式、入学式などでは着ることができません。そのほか馴染み深い着物では浴衣があります。これが一番着やすい着物ですが、お祭りなどの時に着られたりします。夏の定番の着物とも言えます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP