脇役じゃないぞ!着物の帯通販サイトの人気ランキング

トップ > 着物情報 > 着られない着物はリメイクしよう

着られない着物はリメイクしよう

着物を新鮮と感じる若年層は増えています。そう言うこともあって、おばあちゃんの着物を引っ張り出す人もいるでしょう。
しかし、サイズが小さくて着られないと言うことが多いです。その場合、捨ててしまうのはもったいないです。かと言って、リサイクルショップなどに売っても安く買い叩かれるでしょう。ならば、リメイクしてみることです。リメイクと言うと、洋服と言うイメージがありますが、必ずしも洋服にしないといけないわけではありません。きんちゃくや小物入れなど、リメイク方法は多岐に渡ります。
ただ、着物は洋服と比べてとてもデリケートです。扱いには注意しなくてはいけません。また、リメイクするには針や糸などの道具が必要になりますが、適したものを使うことが大事です。リメイクがスムーズに進んで、仕上がりも美しくなるでしょう。


着物はなかなか着る機会がありませんが

着物を普段から着ている人は、そこまで多くないでしょう。人生で数回程度しか着ないという人が多いでしょう。
その数回の為に、着物を購入するか、必ず考えるでしょう。数回の為に購入するのは、勿体無いと考えたり、一度買ってしまったら、なかなか変える事は難しくなってしまうなどと考えると、購入をするよりもレンタルで借りた方が良かったりします。その時の流行であったり、自分が好みとする物も変わってくるでしょう。
レンタルであれば、それに合わせる事が出来るので、オススメです。親から譲り受けた物があるのであれば、それで良いでしょうが、何もない場合は、レンタルのサービスを使うと、その時に選ぶ楽しみもあったり、料金も安かったりします。普段から着ている人は、絶対に購入をした方が良いでしょうが、そうでない人はレンタルをオススメします。


日本における伝統的な装いである着物

日本人なら誰もがお着物に袖を通したことが一度は必ずある筈です。
物心ついた時に覚えがなくても、お宮参りでお袈裟をかけてもらって、それをベースにして七五三の時の衣裳をあしらうと言う伝統があります。今の時代、それはそれ、これはこれで別途揃えたいり、最近ブームになっている写真館で写真を撮って、一緒に衣装をレンタルするなど方法は様々だとしても、早くても3歳に一度袖を通す経験を大方の人がしている筈です。本来、日本人は平安時代から明治初期までと言う長い歴史と共に着物を普段着として活用してきたのに、文明開化と共に着やすくてモダンな洋服へと移行して行き、現代では完全にハレの日などのセレモニー以外に着る機会がほとんどなくなってしまいました。とても悲しい現状です。普段着として着物を着こなしているフネさんの様な方がもっと増えれば素敵です。
自分で着こなせる様になれば、意識も変わるかも知れません。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP