脇役じゃないぞ!着物の帯通販サイトの人気ランキング

トップ > 着物情報 > 日本の古代から現代までの着物の歴史

日本の古代から現代までの着物の歴史

 日本の着物の歴史のルーツは、縄文時代からということになりますが、日本の四季がある気候と密接な関係があることは確かです。
 日本の先史時代は紀元前3世紀ごろまで続きますが、この時代の後期の織物の実物も発見されているそうで、だいぶ古くから布類は利用されていた可能性があります。
 しかしこの頃の主な衣類はシカなどの獣の革を上着などに利用していたようです。弥生時代になると魏志倭人伝などの中国の記録があり、布を体に巻いていたような表現になっているようです。
 まだ着物のような衣装にする技術はなかったようですが、古墳時代になるとやっと今の着物というよりも浴衣のような簡単な衣類を着ていたようで、埴輪を見てもだいたいの様子がわかります。
 男性はブラウスのような上着に腰ひもをつけていたようで、足の部分を紐で縛っていて動きやすくしていたようです。女性はスカートのような衣装で、やはり腰をベルトのような感じで縛っていたようです。


 本格的に衣装として特徴的になってきたのが飛鳥や奈良時代で、中国の唐の文化の影響が非常に強く出ていた衣装です。
 聖徳太子の時代ですが、身分制度が明確に決められて、衣装もそれぞれの身分で着るものが決められた時代です。その後平安時代になると本格的な日本の着物のルーツになってきます。
 平安時代や雅や華やかさの時代ですが、衣装も日本の歴史でいちばん華やかで絵になる時代でした。
 源氏物語で有名な時代で、女性の貴族の十二単などもこの時代です。男性は貴族の衣装として束帯、衣冠、直衣、狩衣、水干、直垂などを身につけて威厳を表しています。
 十二単は非常に重そうで、夏は暑くて大変だったようですが、薄い着物に衣替えはしていたようです。もちろん庶民は麻の小袖で細帯などの簡単な衣類でした。


 貴族の時代が終わり鎌倉時代以降の武士の時代になると、行動しやすい衣装に変化していき、雅さよりも簡素で活動的な衣装になってきました。
 だんだん今の着物に近い衣装になっています。貴族である公家もこの頃は十二単も五枚重ねに変化しています。
 女性では小袖が変化して白小袖が考案されたりしました。その後も室町時代の変化では海外との貿易から更紗やビロードや繻珍などが利用されるようになり、着物自体も大きく発展した時代です。
 そして訪問着や留袖などの原型ができた時代が安土桃山時代でした。帯が登場した時代もこの時代です。そして江戸時代に今の着物のほとんどが生まれたということで現代に至っています。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP